ミモザのスワッグ作り方!材料が100均だけで素敵に簡単手作り!

swag-16

100円ショップで買った造花とは思えない造花で素敵なミモザのスワッグを作ります。

  • スワッグの作り方も簡単で
  • 材料も100円ショップの造花だけ
  • 素敵に手作りできる

といった、生花ではちょっと考えられない手軽さです。

それではご覧ください。

スポンサードリンク

ミモザのスワッグ作り方

ミモザのスワッグの作り方はとっても簡単ですので、写真を見ながら順番に確認して下さいね。まずは材料の紹介からです。

スワッグの材料を100均だけで揃える

材料は100円ショップで揃えます。

swag-2

◆100均で揃える材料リスト

①造花
ミモザの造花×3本

②造花
ユーカリの造花×1本

③造花
葉物×1本

④造花
実物(みもの)×1本

今回見つけたのはミモザの造花。
今までの100円ショップ(ダイソー)にはなかったと思う小ぶりの造花。
そのなかにミモザを発見!
小ぶりなのでここは奮発して3本買いました!笑

ほかにもクリスマススワッグのときに使ったユーカリの造花を使います。
こちらも小ぶりサイズも売っていましたが、同じ100円なので、通常サイズを購入。

もし小ぶりサイズしか売ってなかったら2本くらい買ってくださいね。

そして実物をプラスして、合計6本600円。

スワッグを手作りします♪

さあ、スワッグを作っていきます!
といってもそれぞれを束ねるだけの簡単さ。
しかも造花なので焦らず、ゆっくりアレンジできます^^

swag-3

まずは葉物のシダから。

swag-4

このシダ、針金が入っているので広げることもできます。
お好みのサイズに葉っぱを広げて(もちろん最後にアレンジにあわせて整えてもOK)

swag-6

シダにユーカリを重ねます。
ユーカリは真ん中ではなく左右どちらかに重ねます。

重ねていく時に茎の部分をしっかりめに固定して持ってくださいね。

swag-7

スポンサードリンク

次にミモザを1本、ユーカリの上に重ねます。

swag-8

ユーカリのとなりに実物を重ねます。

swag-9

実物の上にミモザを1本重ねます。

swag-10

最後に2本並んだミモザの間に1本重ねてます。
こうすることで自然に造花同士が重なってみえますよ^^

swag-11

茎は麻紐でぎゅっと結んでくださいね。

swag-12

もし茎が長いものがあったら、ペンチで長い部分は切ってしまってください。
(中にワイヤーが入っていて固いので、切るときはくれぐれも気を付けて)

swag-13

もしくは、ワイヤーが入っていますので折り曲げてしまってもいいです。上の写真は切った状態です。

swag-14

造花と同じく、100円ショップ(ダイソー)で見つけたナチュラルな裂いた布風のリボン。

swag-15

こちらを麻紐で結んだ部分に結んだら、あっというまに春にぴったりなスワッグの完成です。

まとめ

とても100円ショップの造花には見えない、かわいいスワッグが出来上がりました♪

swag-17

なんだか春が楽しみになっちゃいませんか^^

使う造花を変えるだけで季節毎のアレンジも出来ますので、慣れてきたらぜひ普段使いが出来るスワッグにもチャレンジしてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする